2005年7月17日Bクラス月例文月杯優勝


2005年7月17日B クラス月例文月杯優勝


 2005年7月17日、今年2月に会員となった新沼津CCのBクラスの月例で初優勝しました。坂口さんに誘っていただき入会する事が出来ました。それまでは年に数回ラウンドする程度でしたから、ハンディキャップ 24 は実力どおりです。

 新沼津カントリーでは会員になるとアプローチの練習が自由に出来ます。この特権を最大限に有効活用して小技を磨きました。性格的に 300 ヤードを飛ばすよりも、 10 ヤードを10 センチに寄せることに歓びを覚えます。地味な練習の積み重ねですが、もともと性格的に地味なのでしょう。そんな練習にも退屈しません。

 当日は梅雨明けの前日。まさにうだるような暑さの中でもプレイでした。後半からばて始め、ダブルボギーを連発。それでも、上がり三ホールを粘り抜いての優勝でした。

 ハンディー24でしたので、45,47は、4 アンダーでのぶっちぎり優勝。

 練習を重ねたアプローチが、最後の三ホールで救いの女神となりました。17番ホールは、アプローチをミス。グリーンをオーバーして、バンカー越えの下りグリーンという最悪の場面。練習を思い出し、無心でショット。2メーターの下りパットを残しました。これを冷静に沈めてボギーで切り抜けました。

 最終ホールのロングホールは、第四打をピンそば30センチに寄せ、パーを拾いました。

 これが決め手となって、優勝を拾いました。

 短気を起こさず、ねばり強くプレーしたのが勝因でした。とにかく、一にも練習、二にも練習。少しでも、上達したいものです。幸い、坂口 正さんという良き仲間に恵まれ、楽しみが増えました。

画像の説明

いや、こんなに早く優勝できるとは思っていませんでした


&画像の説明

新沼津CC 副理事長 綱川達郎さんから優勝カップを頂いて


画像の説明

9月の月例でゴル友 坂口さんとのワン・ツーフィニッシュ

坂口さん念願の初優勝 私は準優勝の盾を頂きました


画像の説明

 この盾はメンバー憧れの的だそうです。確かに優勝カップより立派でした