1996家族台湾旅行

辻堂の両親と家族台湾旅行

 アルバムを整理していて写真が出てきました。1996年の台湾旅行の写真です。母がクモ膜下出血に倒れて2年が経とうとしていました。もう大丈夫だろうという頃合いを見計らってでかけました。師走、12月でした。


列車の中で

高雄から台北に向かう列車の中で


子ども達三人で

今でも仲の良い三人です


5人揃って

両親と。蒋介石記念館にて

13年の月日が流れて

 本当にあっという間の13年でした。当時、父は72歳。母は69歳。元気でした。飛行機に乗ってヒョイッと台湾まで出かけたのですから。しかも現地ではバスと徒歩で結構きつい日程でしたが元気で帰って来ました。

 最近では父は脚が衰えてしまい海外旅行はとても無理になりました。それでも一昨年から私ども夫婦、そして姉夫婦と一緒に国内の温泉旅行を楽しんでいます。遅ればせながらの親孝行です。

 拓はいよいよ今年大学を卒業。来年はあやが。そして二年後にはのんが卒業して親の責任も一段落。その後も、色々ありそうですが、取り合えず自分もその後の生きがいを模索し始めないといけません。

(2009年1月)